Admiral GOLF

PRO

所属プロ

小平智プロ

SATOSHI KODAIRA

小平 智プロ

1989年9月11日生まれ
2010年12月プロ転向

日米通算ツアー8勝

2018年にスポット参戦した「RBC Heritage」でプレーオフの末、日本人選手5人目の米ツアー制覇。これを機に同ツアーへの本格参戦を果たすも世界最高峰の壁は高く、2021年の「ウェルズファーゴ選手権」の11位を最高位に、4季目のシード権を喪失した。持ち前のポテンシャルとハングリー精神を武器に、2022年は下部ツアーを主戦場としながらもスポットでPGAツアーに参戦し、2023年のシード権奪還を目指す。

畑岡奈紗プロ

NASA HATAOKA

畑岡 奈紗プロ

1999年1月13日生まれ
2016年10月プロ転向

日米通算ツアー10勝
東京2020オリンピックゴルフ日本女子代表

2016年国内メジャー「日本女子オープン」で史上初となるアマチュア優勝を達成し、同年の米ツアーQスクールで2017年の出場権を獲得。2018年には「ウォルマートNWアーカンソー選手権」で米ツアー初優勝を挙げ、19歳162日での日本勢最年少記録を達成。2021年には東京2020オリンピックゴルフ日本女子代表として出場。同年の「アーカンソー選手権」で米ツアー5勝目を挙げ、日本勢最速で米ツアー5勝目を達成し、賞金ランキングでは3位の成績を残した。2022年は悲願のメジャー優勝と世界ランキング1位を目指す。

堀琴音プロ

KOTONE HORI

堀 琴音プロ

1996年3月3日生まれ
2014年8月プロ転向

国内女子ツアー2勝

2014年のステップアップツアーで史上2人目のアマチュア優勝を達成。直後のプロテストに合格し、「京都レディースオープン」でプロ初勝利を挙げる。以降は不調に苦しみ、2018年に翌年のシード権を喪失するも、2021年7月の「ニッポンハムレディスクラシック」で悲願のレギュラーツアー初優勝を挙げる。
2022年3月の「Tポイント×ENEOSゴルフトーナメント」で2勝目を挙げ、すでに同シーズンでは4大会で優勝を含むトップ5入りの好成績を残す。(4月現在)
次なる目標は年間複数回優勝を目指す。

山路晶プロ

AKIRA YAMAJI

山路 晶プロ

1998年9月10日生まれ
2019年11月プロ転向

2019年11月、プロテスト最終日に6バーディ、ノーボギーの通算8アンダー2位Tで合格を果たす。レギュラーツアーへ本格参戦した2020年は「富士通レディース」でホールインワンを達成。2021年には「リゾートトラストレディス」の2日目に2度のホールインワンを達成し、のちにギネス記録に認定された。
初のシード選手として迎える2022年はレギュラーツアー初優勝を目指す。

尾関彩美悠プロ

AMIYU OZEKI

尾関 彩美悠プロ

2003年6月16日生まれ
2022年1月プロ転向

アマチュア時代から頭角を現し、2021年の「日本女子アマチュア選手権」で優勝。スポット参戦した数々のレギュラーツアーでローアマを獲得し、11月のプロテストでは有言実行の“トップ合格”を達成。ファイナルQTで58位となり、2022年はステップツアーを主戦場に、スポットでレギュラーツアーにも参戦。
前半のリランキングまでに結果を残し、後半戦の出場権獲得を目指す。